導入事例詳細CASE

株式会社モスフードサービス 様業種: 飲食対象:社員希望者

現場に合った英語力の支援を。

株式会社モスフードサービス様は、海外も含め1,676店舗(2020年12月末現在)の「モスバーガー」をはじめ様々な飲食事業の運営を行っています。海外からのお客様が増えてきていた中、なるべく店舗の現場で使えるような内容の英語教材を検討、「ココマナ とにかくひとこと英語応対講座」「英語応対能力検定」並びに研修を組み合わせたプログラムを導入されました。

株式会社モスフードサービス モスアカデミー 教育グループ
永瀬宣夫様 部長代行グループリーダー
中山晃仁様 エデュケーター
横山美陽様 リーダー
(左から)

導入前の課題

ビジネス英語支援ではなく、現場に合った英語力の支援を。

ここ数年、海外からのお客様が増えてきていた中での英語学習のニーズは店舗勤務の社員からも上がっていました。それまでは、英語資格試験支援などのビジネス英語に特化した社内向け施策を行っていましたが、やはり「いらっしゃいませ」「こちらがお勧めです」といったような、店舗使うべき英語フレーズとの大きな違いを感じていました。
また、社内からは「英語に興味がある」という声も聞こえてはくるのですが、英語学習は授業や受験以来という社員も多く、彼らにとってはビジネス英語をしっかり学習するとなるとハードルが高いことも事実でした。

導入の経緯、決め手

接客に即した内容と学習のしやすさが決め手。

そのような状況の中で、ちょうど「飲食業の接客」英語に特化した教材である「ココマナ」を知って、まずはお話を聞いてみようと思いました。他社からも、例えばCDを使った教材のご提案を受けたりもしていたのですが、「ココマナ」はスマートフォンのアプリで手軽に学習ができ、通勤時間などを有効に使って学習してもらえる点が良いなと思いました。

活用方法

ココマナと検定試験を組み合わせて効果をみています。

主に本部や直営店舗の社員向けに募集を行う、自己啓発講座として採用をしています。
導入当初は、ココマナで学習した後に英語応対能力検定(※)を受験する、というセットで採用していましたが、現在はココマナでの学習の前後に英語応対能力検定を受験するプログラムで運用しています。学習の前にも検定を置いて2回受験することで、英語力の伸びを測ることができますし、且つ受講者のモチベーションも上がるのではと考えています。さらに、ココマナ学習の終了時期に合わせてオリジナルの研修も実施することで、普段は社員間で英語を話す機会がほとんどないため、いつもと違う交流が生まれ楽しくプログラムを進めることができました。また、研修時にはココマナのこのプログラムまで受講してと宿題がありました。自己啓発の課題となりがちな学習スケジュールの自己管理も、宿題のおかげで順調に進めることができたようです。

さらに、アプリ内には、モスバーガーの店舗で使うオリジナルの英単語クイズメニューを入れて頂いています(※)。店舗で使う食材や味の表現、食感の表現などの単語が載っており、予習、復習に良かったという声も聞こえています。

接客現場で使える英語力を測る検定試験
※別途オプションになります

ココマナ利用の成果

学習後の検定試験では結果が改善されていた。

検定を学習の前後に置いたことで学習効果を具体的に測ることができたのですが、受講者はおおむね全員の検定結果が良くなっており、ココマナでの学習効果を感じられました。
また、ココマナで英語に触れ続けていたことも非常に良かったようで、英語が必要な業務において自ら英語で積極的に話しかけるマインドになっていた、といった声や、相手が話している意味を理解できて案内が出来た、といった声もありました。

今後の展望

英語学習の入口として広く実施していきたい。

今はまだ現場全体にまでこのプログラムを広げられてはいないのですが、モスバーガーの良さを外国のお客様に知っていただくためには、現場への英語の浸透は課題だと考えています。自己啓発で英語募集をかけると、どうしても英語に興味のある層を中心に手が上がるのですが、ココマナは接客現場に向けた取り組みやすい教材のため、より広く実施をしていけたらいいなと思っています。
また一方、今後海外への出店を加速させるため、英語に興味の持てる人材をなるべく多く育てるべきだとも考えています。最近は国際部門志望の社員も多くなってきていますが、全員が高い英語力を備えているかというと必ずしもそういうわけではありません。このココマナのプログラムが、彼らが今後高い英語力を身に付けていく英語学習の入口になってくれればいいなと思っています。

株式会社モスフードサービス

本社

:東京都品川区大崎2-1-1
ThinkPark Tower 4階

創業

:1972年7月21日

資本金

:114億1,284万円
(2020年3月末現在)

事業内容

:フランチャイズチェーンによるハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開、その他飲食事業など

URL

https://www.mos.co.jp/company/